[HOME]

バックパッカーとは何ぞや


「私はえせバックパッカーです」と自己紹介したら 「その≪バックパッカー≫というのはいったい何なの?」という質問を受けました。
「あれれ、バックパッカーという概念はまだまだ一般的ではなかったのね」 と改めて気がつき、このページを作ったという次第。

こういうリュックを
バックパックという



これが質実剛健
タイプのサンダル

≪バックパッカー≫とは、 スーツケースを持たずに、 バックパック1つで外国を旅する人々 をさす名称です。
荷物を背負っているのですから、服装はカジュアルというか、ラフというか、ときとしてボロ同然です。
足元はしっかりスニーカー。
夏はしばしばサンダルばき。(質実剛健タイプのね)
外見的には、私は紛れもなくバックパッカーなのです。

「とにかく旅費を安く上げる」が信条というか、はっきり言ってお金がない、 という若者が多いので、宿泊はYH(ユースホステル)やドミトリー(大部屋)中心ということになります。
つまり相部屋OKということ。(私はこれが苦手なの)
さらに、ご存知ない方のためにご説明しておきますが、 安宿のドミトリーというのは男女相部屋が珍しくないのですよん。 (私はこれには耐えられない)
ただ、お互いに情報交換ができる、という点で、 こういうところに泊まるメリットは大きいようです。 「情報ノート」なるものが置いてある宿も多いとか。
だからバックパッカーが持っている情報というのは 下手なガイドブックよりもずっと正確です。

あ、もちろん、宿の予約なんかしていきません。

ちなみに

欧米のたくましいバックパッカーはキャンプ場を泊まり歩き、 ほとんど宿泊代というものを払わずに旅します。
当然、寝袋持参。いざとなれば駅でだって寝てしまう。

アイルランドからフランスへのフェリーでは、 出航して間もなく、 皆がどたばた上り下りする階段の下で、 いち早く爆睡している欧米人の女の子を目撃しました。
そのたくましさには一種の感動すら覚えてしまった。。。

日本のバックパッカーの購読雑誌は「旅行人」(←廃刊になってしまいました)
バックパッカーは気に入った場所を見つけるとどっぷり「沈没」して動かなくなってしまう。
代表的な沈没個所はバンコクやカトマンズなど、らしい。

以上、かおるの描く典型的なバックパッカーのイメージでした。
間違っていたらごめん。

自己紹介トップへ