[HOME]

えせバックパッカーの読書歴


自己紹介にいったい何ページ使ってるんだろう?(自爆)

えせバックパッカーの表の顔は「旅する極楽トンボ」。
でも「オタクな読書家」というもう一つの顔を持っているのです。

小さい頃から身近にある活字は何でも読んでしまう子でした。
これは親からの遺伝と言えるでしょう。
母は、子供の頃から「本ばかり読んで!」と母親(つまり私の祖母)に叱られていた人だったので、 娘である私に良い本を与えようと心を砕いてくれて、 主に岩波の児童書を買い与えてくれました。 (その当時、うちの近所には図書館なんて無かったのです。)

子供の頃に読んだ本のベスト3は、アーサー・ランサム全集(全12巻)、 リンドグレーンの「名探偵カッレくん」シリーズ(全3作)、 そしてC.S.ルイスの「ナルニア国ものがたり」(全7巻)でした。

リンドグレーンの作品を知ったのは、小学校高学年の頃だったので、 子供っぽい「ピッピ」より、年相応の「カッレ」のほうがしっくりきたようです。 カッレくんシリーズは少年文庫で持っていました。

ハードカバーは高いので、なかなか買ってもらえませんでした。
母が(恐らく)清水の舞台から飛び降りるような気持ちで買ってくれた 最初のハードカバーのシリーズが「ナルニア国ものがたり」。
毎月刊行されるのを、母はきちんと読み(なんせ自分も本好きだから)、
「これはとても面白いし、とても良い本だ!」
私は素直に読み、ナルニア国の興亡に小さな胸を躍らせたものでした。

「ナルニア」の次の岩波の児童書プロジェクトは 「アーサー・ランサム全集」でした。
「これもきっと良い本のはず」と信じた母は、 あの厚くて重くて高い「ツバメ号とアマゾン号」を予約注文。
例によって読んでみて・・・・
「これはダメ。くだらない」
ところが! あろうことか、娘がランサムにハマってしまったのです。
そして、あの素晴らしいナルニアを読まなくなってしまった。
ああ、なんたる誤算。。。1巻だけでやめようと思っていたのに・・・でも、あんなに好きになってしまったのを、今さらやめるのは可哀想だし・・・。
不本意ながら、毎月刊行のランサム全集を揃えることになってしまったのでした。

買ってはやったものの、娘がランサムを読む姿を見るにつけ、 なんとなくシャクな気分になる。
ついつい、ため息とともに
「あ〜あ〜、ま〜たランサムを読んで!」
・・・そう言われると、とーっても後ろめたいんですよね、娘としては。
それでも私は読みつづけました。
寂しかったけれど・・・好きなものはやめられなかった。
ああ、あの頃、 ランサムを語り合える友達が欲しかったなぁ。。

中学になると、「大人の文庫」の世界に入りました。
この頃繰り返し読んだのが「赤毛のアンシリーズ」。でも、アンがだんだん年をとっていくのが寂しくて、 「炉辺荘のアン」までしか読みませんでした。
読み返さなかったけれど、この頃読んで感動したのは 「風と共に去りぬ」「嵐が丘」「大地」「モンテ・クリスト伯」「二都物語」など。(わりと普通でしょ)
ランサムで鍛えたお陰か、長い小説はものともしない体質になっていた。(^_^)

大学のとき、憧れのイギリス湖水地方に行きました。
大感激でしたが、「一生の夢」だと思っていたのが、 ほんの10年でかなえられてしまったことに、戸惑いもありました。
「これから何を目標に生きていけばいいんだろう?」
大げさだと思われるでしょうが、それが正直な気持ちでした。

というわけで、次の人生の目標を立てました。
そうすぐに達成できる目標ではまた困るだろうというわけで、 「アガサ・クリスティーの全作品を読破する」 ことに。 (なぜと突っ込まないでください・・・)
ところが、30冊くらい読んだところで、 事件が起こる前に犯人がわかるようになってしまいました。 プロット自体、かなりの確率で読み取れるし、 登場人物の名前を見ただけでも、ある程度判断できてしまうのです。
今のところ、クリスティーの長編推理小説66作品のうち60作品、 短編集16冊のうち9冊読了しています。 ガツガツ読む気はすっかり失せていますが、 親近感はあるので、今もたまーに読んで楽しんでます。
ちなみに、私がお薦めするクリスティーの作品は 「アガサ・クリスティー自伝」と「さあ、あなたの暮らしぶりを話して」。
どちらも推理小説ではないんですけど。(苦笑)

クリスティーだけでなく、コナン・ドイルも好き。なんとなく、ホームズってオタク心をくすぐられるんですよね。
赤川次郎や内田康夫もかなり読みました。
でも、現代の日本の作家(特に推理作家ね、たぶん)って 酷使されて、すぐに消費されてしまう。 彼らの初期の作品は唸るほどいいのに。(でも浅見光彦はタイプです。爆)

99年、ネットを通じて、 自分以外にランサムを心から愛する人々がいることを、生まれて初めて知りました。
感激の余り送ったメールの返事に 「カラバダングバラカ!」 と書かれていたときの衝撃と感動。
ああ、涙が出るほど懐かしい響き!
でもいったい何のこと? 思い出せない。。。

湖水地方に行った後、 「もう子供時代のお遊びから卒業しましょう」 と、まるでナルニアのスーザンのように、すべてを封印してしまったから。

「もしかしたら、もう手遅れかもしれない」
そんな不安を抱きながら、再びランサム・サガを手に取ってみた私は、あっという間に数十年前の小学生に戻っていました。ランサム・サガだけでなく、他の児童文学作品も、私を暖かく受け入れてくれました。
長い遠回りをしたけれど、ようやく 自分の居場所を見つけたという 感じです。

20年来読もうと思って果たせなかったトールキンの 「指輪物語」も (児童文学じゃないんだけど)その流れの中で読みました。
久々にどっぷりハマれる作品に出会った気がします。
でも実際に「中つ国」に行って旅行記や旅行情報を 書くことができないのが、 えせバックパッカーには、とても悔しいのです・・・(^_^;) (「指輪物語」に関するコーナーはこちら、「本好きに100の質問」はこちら、「foggyな読書」はこちら

自己紹介のトップへ