中継キャンプの星空



マッチを すったら、みんながおきてしまう。そこで時間を推定したり、 夜あけが近いかどうかを知ろうと夜空を見上げた。 昨夜ツバメ渓谷をでながめたほど星の数は多くないように思われた。 しかし、まあ数をかぞえたりはしないでおこう。
-----「ツバメの谷」より

キリ番(3万)ゲットの記念プレゼントとして、 グワイヒアさんから いただいた星空画像です。重いけれど、我慢してくださいね。(^_^;)

場所はもちろん、土人がOld Manと呼ぶカンチェンジュンガ の中腹。 方角は、山を背にして寝ているのだろうから、 東かな?とも思ったのですが、 本の見開きの絵地図のイメージから、東北東ということに。 日時は1931年8月11日。(「1930年ではないのか」という議論もありますが、 「ツバメの谷」の中に明記されている日付を優先しました。) 時刻は特定しにくかった(なにしろ、ツバメたちときたら、 かわりばんこに目を覚ますんですから)のですが、 とりあえず深夜ならいいだろうということで、午前零時でお願いしました。

以下はグワイヒアさんからのメールの抜粋です。

探してしまいました。^^;
湖水地方はあの辺ってわかるけど、Old Man? どこじゃあ!!
検索して緯度経度突き止めました。インターネットは素晴らしい。 803メートルだそうなので、500メートル地点で作成しております。
ということで、1931年8月11日1:00 北緯54度22分 西経3度7分  The Old Man of Coniston の中腹で見た空でございます。
時間ですが、勝手に午前1時にしてしまいました。なぜかというと、月が昇ってくる のです。いいでしょ? 26日月です。
5時には太陽が昇っています。だから3時過ぎると結構明るくなってきます。 日が沈むのは、20時くらいです。遅いね〜

そっか。それじゃ、ティティが目を覚ましたのは3時頃なのかなぁ・・・
それにしても、 月の出のことまで考えてくださるなんて! 細かいご配慮ありがとう♪ 午前1時というと、きっとジョンが時刻を推定するために 見上げた夜空だわ。。。 って、根拠は無いんだけど。(^_^;)

それでは、 お茶、ペミカン、ラム酒、寝袋などを用意して、 探検家たちの気分をじっくりと味わってください。






HOME > わたしたちの島TOP > 中継キャンプの星空 | ディックの星空(1) | ディックの星空(2)