[HOME]

えせバックパッカーの旅日記
アイスランド: 北のさいはての夏(5日目上)


8月7日その1:スナイフェルスネス半島南岸

スナイフェルスネス半島 スナイフェルネス半島を時計回りに廻る
素晴らしい天気だ!
宿の朝ご飯を食べ、昼食のサンドイッチを作っていたら、他の宿泊客たちはどんどんチェックアウトしていき、結局ビリになった。 なんか、私たち、どんくさい?

10時出発。
海を左手に見て車を走らせる。好天だけど、スナイフェルスヨークル(ヨークルは「氷河」の意味)に雲がかかっているのが残念。 スナイフェルスヨークルは、この半島の主峰であり、ジュール・ヴェルヌ作「地底の探検」(後に「センター・オブ・ジ・アース」の題名で映画化された) に登場する。主人公たちはそこから地底にもぐった(ことになっている)のだ。

スナイフェルスネス半島

最初のみどころはArnrastapi(アルトナルスターピ)。民家が点在し、野原の向うにモニュメントがあった。 ジュール・ヴェルヌのモニュメントか? 私有地の真ん中をつっきる遊歩道を歩いて行ってみると、 サーガ関係のモニュメントだった。ジュール・ヴェルヌはどこ行った?

スナイフェルスネス半島 左:私有地を突っ切って海側にあるモニュメントへ  右:海側からモニュメントをふりかえる

スナイフェルスネス半島 アルトナルスターピの展望台にて
ここから次のポイントHellnar(ヘルトナル)までは遊歩道でつながっていて、ハイキングをする人が多い。 今日は絶好のハイキング日和なのだが、 車を置いて同じ道を往復するほど歩く熱意の無い私たちは、途中まで行って引き返した。

次のヘルトナル集落はぐっと小さかった。トイレを求めてビジターセンターを探し歩き、 遊歩道をかなり下がったところにあるカフェをようやく見つけた。 私たちと同じ目的の人々が列をなしていた。

鳥の声が響き渡る岩場に下りたりして遊び、 また坂道を登って駐車場に戻ると、すぐそばにカフェがあり、それがビジターセンターを兼ねていた。

車で昼食。

スナイフェルネス半島 ヘルトナル

前頁(スナイフェルスネス半島へ)次頁(スナイフェルスネス半島南岸〜北岸)


HOME > えせBPの旅日記TOP > アイスランドTOP

HOME