[HOME]

えせバックパッカーの旅日記
アイスランド: 北のさいはての夏(5日目中)


8月7日その2:スナイフェルスネス半島南岸から北岸へ

スナイフェルスネス半島 マラコフの灯台のそばには珍しく草原がある。 スナイフェルスヨークルの霧が晴れたら最高なんだけど
この後、「鳥の崖」というスポットへ。
その名のとおり、鳥がたくさんいた(が、 私たちよりも1か月後にアイスランド旅行をした友人が行ったときには、全くいなかったそうだ)。 遠くにはマラコフの灯台が見えていて、遊歩道もあり、歩こうと思えば歩けるのだが、私たちは歩かず。

山側をふりかえればスナイフェルスヨークルがそびえ立っている。
でも相変わらず山頂には霧がかかっている(涙)

マラコフの灯台 マラコフの灯台

車でマラコフの灯台の足元まで行き、散策し、ビジターセンターでトイレをすませて、ふと見上げたら・・・

霧が晴れていた!
スナイフェルスヨークルの頂上が見えた!

スナイフェルスヨークル ついに姿を現したスナイフェルスヨークル

ここから道路は右折し、北へ向かう。ひたすら真っ直ぐ北へ向かう。
このあたりからにわかに雲行きが怪しくなった。さっきまでの好天が嘘のようだ。

マラコフから北へ向かう真っ直ぐな道 北へ一直線

ようやく道が少し曲がり始めたと思ったら、左手にSaxholl(oの上にウムラウトが付く)のクレーターが見えた。 クレーターにはとても登りやすい階段が付いていて、登りきると、何にもない周囲が見渡せた。 当然ながら、ここは恐ろしく風が強かった。

Saxholl 左:Saxhollのとても楽な階段 / 右:Saxhollの頂上から周囲を見渡す
Saxholl Saxhollはとてもわかりやすい形をしている

前頁(半島南岸)次頁(北岸・グルンダルフィヨルズルへ)


HOME > えせBPの旅日記TOP > アイスランドTOP

HOME