[HOME]

えせバックパッカーの旅日記
アイスランド: 北のさいはての夏(5日目最後)


8月7日その4:グルンダルフィヨルズルのパフィン・ツアー

5時ちょっと前、グルンダルフィヨルズル着。
宿に荷物を置いてインフォメへ行き、パフィン・ツアーのことを訊くと、「あちらにある赤い屋根の白い建物だ」とのこと。 行ってみたらその建物はピザ屋で、中にLakiツアーのデスクがあった。ツアーを予約すると、「7時45分にここに来い」と言われる。

グルンダルフィヨルズル グルンダルフィヨルズルは小さい町だが、観光客が必要とするものが揃っている。
右の山がキルキュフェトル山。

グルンダフィヨルズル港 パフィンツアーの船
スーパーで買い出しをして、早めの夕食を済ませ、ありったけのものを着込んででかける。

ピザ屋に行ったら、「桟橋に行け」と言われた。 なんだ、最初からそう言ってくれればいいのに。 まあ、小さな町ですべてがすぐそばにあるので、大したことではない。 港に行ったら「Laki」という名前が書かれた小さな船があった。この日のツアー客は私たちを含めて15人ぐらいだった。

寒風を切って船は進んだ。遥かかなたの 水平線上に黒い線のように見えていた島が、野鳥天国だった。

野鳥の島 ↑↓島には野鳥がたくさん。でもパフィンは見当たらない。
野鳥の島 ↓パフィンは海上で魚をとっている。ガイドに教えてもらってようやく見つけることができた。
パフィン
↓遠ざかる野鳥の島
野鳥の島

パフィンツアー キルキュフェトル山をバックに記念写真
島からの帰りにはガイドが写真を撮ってくれた。ちゃんとキルキュフェトル山が入るように。

部屋に帰ってシャワーと洗濯。洗髪したがドライヤーが見当たらないので、毛糸の帽子をかぶって寝る。

今日は一度も雨が降らなかった。本当によかった。明日はFlatey島に行く。 もしも島で雨に降られたら、カフェにしけこんで時間をつぶすしかない。 なんとかもってくれたらいいんだけど。

前頁(グルンダルフィヨルズルへ)次頁(フラテイ島へ)

グルンダルフィヨルズルの宿へ


HOME > えせBPの旅日記TOP > アイスランドTOP

HOME