えせバックパッカーの旅日記
モンブランを越えて(1)

ミラノからアオスタへ

ミラノのドゥオモ

その夏、私はイタリアのミラノから、モンブランの向こう側のフランスのシャンベリーという町に行こうとしていた。1989年にシャモニーにモンブラン見物に行ったとき、雨のために、その雄姿のかけらすら見ることができなかったので、この際、ぜひリベンジしたいと思ったのである。

ちょうどその頃読んでいた紅山雪夫氏の本に「モンブランのエギーユ・デュ・ミディ峰は、イタリア側からの姿の方が、フランス側からよりも、数倍美しい」と書いてあり、イタリア側からロープウェイでモンブランに登り、フランス側に降りるというコースが説明されていた。これだ!これをやってみよう。
説明には一部はっきりしないところがあるが、現地のインフォメに行けばわかるだろう。

ドゥオモの屋根の上は、 まるでオーブンの中のように暑い(熱い)
ミラノのペンシオーネのおばさんに別れを告げたのは、朝6時だった。おばさんは「アオスタのあたりは昨日まで大雨だったんですってよ、今日は晴れるといいわねえ」と言いながら、宿泊代を少しまけてくれた。

ミラノ中央駅のバルに開店と同時に入り、カプチーノとブリオッシュで朝食をすませてから、地下鉄に乗ってカステロ広場へ。 AUTOSTRADALEというバス会社を目指す。昨日切符を買ったとき、バスはこの会社の前に来ると言われたのだ。それにしても、バスはあっちにもこっちにもいる。日本だったら、行き先ごとに違う番号のふられた停留所があるところなのに、ここには何も無い。心配になって、そばにいる女性に尋ねると「大丈夫。ここに来るのよ」と自信に満ちたお答え。彼女を信じて待っていると、確かにやってきた。7時発の予定が、7時10分に出発。まあ、この程度の遅れは遅れのうちには入らない。ここはイタリアなのだから。

ミラノを出て1時間もすると、はるか前方にアルプスの山々が見えてきた。そしてさらに1時間後、バスは小さな町に停まった。アオスタだった。ガイドブックには所要3時間とあったのに、1時間も早く着いてしまった。あっけなくて調子が狂う。

バスを降りた瞬間、山の空気が身体を包み込んだ。大きく息を吸い込むと、ミラノは完全に過去のものになった。


アオスタにて

アオスタ
バスステーションを出て、インフォメを探す。この地方はフランス領だったこともあり、通りの名前がイタリア語とフランス語で表示されている。住民もフランス語を話すと聞いていたので、試しに中年の女性に道を尋ねてみると、少し訛りはあるが、きちんとしたフランス語で答えが返ってきた。

いくらフランス語が通じるとはいえ、市庁舎の正面に「HOTEL DE VILLE」(=市庁舎)とフランス語で大きく書かれていたのには驚いてしまった。 その建物の一角にあるインフォメで、ホテルの手配を頼む。「シーズン中でも、早めに着けば宿はとれる」とガイドブックに書いてあったからだ。今は9時半。これこそまさに「早め」である。

ところが返ってきた答えは「コンプレート(満室です)」の一言だった。
そんなぁ。。。
そこをなんとかしてくれないかと食い下がると、「町の外でバスに乗っていくところなら民宿が3軒あるので、あたってみましょうか」と。
うーん。。。しかたがない。不便だろうが、それはそれで面白いかもしれない。
電話してもらうと、その3軒すら満室だった。
困った。小さな町だし、「無い」と言ったら本当に無いのだろう。「キャンプ場なら泊まれますよ」と言ってくれるのだが、私はこう見えても寝袋1つ持たないえせバックパッカーなので、ベッドが無いところでは寝られない。「また午後に来てみてください。ひょっとしたら空きが出るかもしれませんから」とも言ってくれるが、これは明らかに気休めだ。

アオスタの市庁舎

とりあえず、シャモニーへの行き方だけは教わり、インフォメを出た。自分でも数軒の宿をあたってみたが、ほんとうにどれもコンプレートだった。
さてどうしよう?
フランスに行くには、まずバスでクールマイヨールに行かなければならない。アルプスにさらに近づくわけで、町の規模もさらに小さくなるのだろう。ホテルが見つかる可能性が高くなるとは思えない。クールマイヨールまで1時間、さらにそこから3キロさきのラ・パリュというところまでは、夏の間だけ臨時バスが出ている。ラ・パリュからロープウェイでモンブランを越える。ロープウェイの所要時間は1時間40分だそうだ。

以前行ったシャモニーの町の風景が脳裏によみがえる。ホテルやレストランがそこかしこにある、ごみごみした町。へたくそな漢字で書かれた「両替」の看板。あの町ならすべてのホテルが満室になることはあるまい。
ちょっと待てよ、シャモニーまで一気に行くのなら、いっそのことシャンベリーまで行ってしまえばいいじゃないか。 シャモニーからシャンベリーはすぐなんじゃないかな、似たような名前だし(←我ながら脳天気だ)。第一、シャンベリーには知り合いがいるのだ。

公衆電話からシャンベリーに連絡をとってみたら、運良く知人は自宅にいた。
予定より1日早くなってしまうけれど、そちらに今日行ってもいいですか?
彼の「サバ!(大丈夫)」という言葉には、百万の援軍を得た思いがした。


次頁へ

このコーナーのトップへ
HOME