[HOME]

えせバックパッカーの旅日記
スロべニアひとめぐり(1)

1日目: まだスロベニアには着かない

ウィーン 朝、ウィーンのホテルの部屋から見えた飛行機雲

成田発は10:40なので、本来は8:40に到着していなければならないところである。でも昨夜ネットでチェックインしてあるのでのんびりできる。今回は(正確に言うと「今回」だが)荷物を預けないので、搭乗時刻までにゲートに行きさえすればいいのだ。
と思って搭乗ゲートに行ったら、空港係員にストップをかけられた。ほどなくパスポートとプリントアウトを返され、「荷物がなくてもカウンターにお寄りください」と言われた。

なんだ、結局カウンターで並ばなくちゃならないのか。
んなこと、Eチケットのどこにも書いてなかったぞ゛(`ヘ´#)


機内食 トレイの真ん中のお花をあしらったボール紙が邪魔。
機内食の量がなにげに減った気がするが
胃もたれしやすい私にはむしろありがたい。

おなじみのKLMだが、不況の嵐のせいか、今まで座席前ポケットに入っていた機内食のメニュー表やエンタメ系の機内誌がなくなっていた。 映画の選択の際、頼りになるのはモニター画面のみで、題名や紹介文が英語だけなのはちょっとわかりにくい。 機内食のトレイにコーヒー用のカップがついていなくて、食後に紙コップでコーヒーが配られた。従来フライトの中ほどで配られていた「おやつ」として、カップラーメンかアイスクリームかのオプションがあったのだが、アイスクリームだけになってしまっていた。あのカップラーメン、美味しかったのに。でもまあ飛行機は安全に飛んでくれるのが第一。この程度のサービスカットはぜんぜん我慢できる。航空運賃が高くなるよりずっといい。

16:00、アムステルダム着。
気温16度だと。これで真夏だなんて。

ウィーン ウィーンでNIKI機に再会(詳細は「なんとなく
『のだめカンタービレ』」
をご覧ください)

ウィーン行きは17:20発、定刻19:10着。

年末のポルトガル旅行のときのユーロの小銭がたくさん残っていたので、 Sバーンの切符は簡単に自販機で買えた。

地下鉄に乗り換えるミッテ駅で明朝のスロべニア行きの切符を購入しておこうと思っていたのだが、ミッテの切符売り場はすでに閉まっていた。ここはターミナル駅とは言え、長距離列車の発着が無いので、切符売り場が開いている時間が短いようだ。

しょうがない、ホテルに行くのに遠回りになるが、 マイドリング駅に寄ろう。明日の下見にもなる。 幸いなことに、ウィーン市内の交通機関の切符は、1時間以内なら何回乗り替えてもかまわないのだ。

再びSバーンに乗り、マイドリング駅で切符を購入。 地下鉄を乗りついでホテルへ。

チェックインして部屋で一息ついて時計を見たら21:30だった。

ウィーン行きの機内でクラッカーを食べてから、何も食べていない。途中でパンか何かを買うつもりだったのだが、すっかり忘れてしまった。日本ならコンビニがあるのに。
シャワーを浴び、何も食べずに寝る。


ウィーンの宿

Kolpinghaus(コルピングハウス) Wien Zentral[HP]
ウィーンのホテル2010年の年末の「なんとなく『のだめカンタービレ』」の旅のとき泊まった宿。気に入ったので迷わずリピート。 豪華な朝食をゆっくり取る暇がなかったのが残念。
前回泊まった部屋は「Superior」だったのですが、今回は1泊53ユーロの「Standard」。なるほど、 ちょっとしょぼい。 でも私には十分です。またウィーンに来ることがあったら泊まるつもり。 (2012年7月)

HOME > えせBPの旅日記TOP > スロべニア旅行記TOP
前頁 > この頁 > 次頁

フレーム無し版をフレーム版に直したいときは こちら をクリック

HOME