[HOME]

えせバックパッカーの旅日記
スロべニアひとめぐり(15)

7日目(下): 続ボーヒン湖

ボーヒン湖 ボーヒン湖畔に建つシカ?の像

ボーヒン湖の入口にあたるRibcev Lazで下船。ちなみに、 ボーヒン湖で多少繁華な感じがするのはこの界隈だけ。繁華とは言ってもブレッドとは段違いにひなびているので、食糧持参が無難である。

Alpinsportという旅行会社でブレッド湖行きのバス停の場所を教わり、バスの時刻を訊くと「毎時50分」という答えが返ってきた。今の時刻は2時。 湖で遊ぶ人々を横目に見ながら岸辺を散策し、頃合いの木陰に腰をおろし、ぼーっと時間をつぶした。 この湖は遠浅の岸辺がブレッド湖よりも多いようで、泳ぐのに適しているような感じがする。

2時50分(正確に言うと「48分」。バス停の時刻表にそう書いてあった)のバスはサヴィツァ発リュブリャーナ行きだった。


ボーヒン湖 ボーヒン湖。泳ぐならブレッド湖よりこちらのほうがいいかも


ブレッド湖に戻る

3時半、ブレッド着。
いったんホテルに戻って洗濯し、シャワーも浴びてリフレッシュ。

クリームケーキ 見た目は同じだが、パークホテルのよりも美味しい
Tourist train Tourist trainは右にブレッド湖を見て走る

ロンプラ推奨の「クリームケーキが美味しい店」というのがホテルの近くにあるので、行ってみると、テラスは眺望も風通しもなく、店内にエアコンが効いているのはいいものの、おしゃれなカフェには程遠い雰囲気だった。 食べてみると・・・確かにパークホテルのとはひと味違う。この味で景色も良かったら、日本人が大挙して押し寄せる有名店になっていたことだろう。

夕方、町の中心に向かい、インフォメでTourist trainのことを訊いたら、ありとあらゆる交通機関の時刻表が載ったパンフをくれた。さすがスロベニア随一の観光地だけのことはある。そう言えば、日曜日にバスが止まるこの国で、この地域のバスだけは休まずしっかり走っている。リュブリャーナを起点にして日曜日にブレッド湖往復というのも十分に可能である。

17:45発のTourist trainが停まっていたので、ドライバーに3.5ユーロ払って乗る。チケットはくれなかった。あらら。チケットを買えば乗り降り自由なのかと思ってたのに・・・。

動きだしたTourist trainはかなりのスピードで、ゆっくり景色を楽しむ感じではなかった。また、コースのかなりの部分で湖畔から離れてしまうのが残念だった。これでは湖を1周したことにはならない。

リゾット リゾットは軽くてよかった。でも野菜不足。

ホテルのそばで下車し、しばらくベンチでゆっくりしてから、レストラン探しにとりかかった。岸辺の派手な店は派手なだけな気がしたのでパス。次にロンプラご推奨のピッツアリアを見つけたが、別にピザは食べたくないし。 結局、いつもの店に行った。今度こそ軽い食事にしようと思ってリゾットにした。特に感動的なお味ではなかったが、分量はちょうどよかった。

昨夜とはうって変わり、今夜のブレッド湖はひっそりしている。 昨日は日曜日(しかも8月)だったから、例外的にうるさかったのかも。


ブレッド湖 ブレッド湖の日没

HOME > えせBPの旅日記TOP > スロべニア旅行記TOP
前頁 > この頁 > 次頁

フレーム無し版をフレーム版に直したいときは こちら をクリック

HOME