[HOME]

えせバックパッカーの旅日記
イスタンブールの天国と地獄(1)

憧れのイスタンブールに到着

1998年夏、ブルガリア、ギリシャと廻った私の旅の「上がり」はトルコのイスタンブールだった。

ギリシャのサモス島で、私と逆コースでトルコから渡ってきた日本人の女の子に、トルコはどうだったかと尋ねると、一言「うざったいところだったよ」。
そうか、やっぱり。
と、心を引き締めてトルコに向かった私は、クシャダシ、セルチュク、パムッカレ、カッパドキアと廻ったのだが、彼女の言うとおり、どこもかなりうざったかった。

アヤソフィアにて
このモザイクが無傷だった時代、つまり
コンスタンチノープルだった頃のこの町に
タイムトラベルできたらいいのにと思う
でも、トルコ人は世界一親日的。本当に純粋に日本人が好きなのだ。一般人は。

たとえば、 夜行バスで隣り合わせた女性。とても優しかった。お互いに話をしたくて、もっとトルコ語を勉強しておけばよかったと心底後悔した。 カッパドキアのギョレメ村で畑仕事をしていたおばあさんは、手をとめて「ジャポン、むにゃむにゃ」と一生懸命話しかけてくれた。その目もとても優しかった。

さて、 そのギョレメ発のイスタンブール行き夜行バスは、何の問題もなく定刻にイスタンブールのバスターミナルに到着した。

かねてからの予定通り、旧市街に向かう。ガイドブックであたりをつけていたホテルに行ってみると、最初のホテルは満室だったが、2番目のホテルはあいていた。 とてもきれいな部屋は、久しぶりのバス・トイレ付き。

シャワーを浴びてすっきりして、いよいよイスタンブール観光開始。オスマントルコの文化遺産がごちゃまんとあると思うと、期待で心が躍る。

ルンルン気分でホテルの外に出ると、男性がやたらに声をかけてくる。うー、うざったいよー。今までもうざったかったけれど、ここのうざったさは尋常じゃない。

うざい思いをしながらも、アヤソフィアとブルーモスクと地下宮殿という定番コースをスイスイとこなした私は、一番楽しみにしていた場所に向かうことにした。

旅行前のことだった。
バックパッカーとしての大先輩であり、世界中のカフェでまったりお茶してきた友人に「イスタンブールに行く」と言ったら、彼女はこう言った。
「イスタンブールの私の一番のお気に入りは、ブルーモスクとアヤソフィアの両方が見えるガーデンカフェ。とっても素敵な眺めで、イスタンブールにいる間中、毎日通ったわ」
そして、ガイドブックの地図を見て、「このあたりよ」と教えてくれたのだった。
今からそのカフェに行くのだ。


地獄の序章

「コンニチハ!」
ん? 今のは確かに日本語だけど、ずいぶん声が遠いし、まさか私に話しかけているのじゃあないわよね・・・
ところがそのまさかだったのである。気がつくと横には見知らぬトルコ男。
「コンニチハ。日本からですか? 日本のどこですか?」
ちょ、、、ちょっとなんなのよ。なんで私が見も知らぬあなたに自己紹介しなければいけないのよ。
こういうのは無視しよう。イタリアでやったように。
ところが、無視すれば引き下がったイタリア男と違って、このトルコ男はついてくる。
「どうしたんですか? 怖いんですか? 私は怪しいものじゃありません」
いいえ、どう考えたって怪しいわよ。
「私のお兄さんの奥さん、日本人です。日本人、私にとっては家族です」
へえ、そうなの。だからなんなの。
「どうして何も言わないのですか?」
振り向きもせずに無言のまま歩きつづけていた私だが、ここに至って、ついに口を開かざるを得なくなる。
「別にあなたと一緒に歩きたくない。私は1人で歩きたいんです。ついてこないでください」
「どうしてそんなことを言うんですか? この辺は危ないんです」
ほんと。でもそれはあなたのせいでしょ。
「この間もここで bombing がありました」
ふうん、爆弾か、そうきたか・・・ でも、本当に爆弾が爆発したら、一人だろうとあなたが一緒だろうと同じことでしょ。
私は断固たる口調で言い続けた。
「私を1人にしてください。ほっといてください! 私は1人でいたいのです。あなたと話したくありません!! Let me alone! I don't want to stay with you!!」
これだけ言えば、どれかは通じるだろうと思った(なにしろ向こうは日本語ペラペラだ)のに、なぜかこういう肝腎の言葉だけは通じない。 「ノー」が通じない相手というのは埒が明かない。
「ついてこないでください」と言っているうちに、目指すガーデンカフェが見つかった。 やれ嬉しや、と入る。
まさか店にまで入ってこないだろう。

と思ったのは、甘かった。
なんと、一緒に入ってきたのである。
そして、向かい側に座ったのである。
ぬあーんであんたがそこにいるのよう!!!
私はブルーモスクとアヤソフィアの眺めを楽しみながら、1人でのんびりお茶したかったのに、あんたがいたら台無しじゃないの!!!
奴はお茶を注文しやがった。しかも2人分。
私は不機嫌丸出しの顔をして、じっと黙り込んだ。
延々と気まずい沈黙を演出し続けていたら、奴もさすがに「この女は脈が無い」と悟ったらしい。
「私はここにいます。私はあなたのトモダチです。いつでも遊びに来てください」
と名刺を差し出した。
名刺を見るとじゅうたん屋だった。

奴は2人分のお茶代を払ってカフェから出ていった。
その程度の常識を心得た人間だったのが、せめてもの救いだった。

こうして、 「イスタンブールのガーデンカフェでまったりする」という私の夢は、もろくも破れたのであった。

私は落胆し、ホテルの部屋に戻った。
よりによって、どうしてこんな旧市街の真ん中の最高の立地のホテルにしてしまったのだろう。観光スポットからもっと離れた不便なホテルにすればよかった。
ここを一歩出たら、ストカー野郎たちが待ちかまえているのだ。
もう外に出たくない。外に出るのが怖い。

ここまで弱気になってしまったのは、ひとつには、肉体的にかなり疲れていたということもあったのだろう。

私はベッドに倒れ込み、眠りに落ちた。

* * * * * * * * * *

ぱせりさんのコメント: 私も1人で行ったんですが、確かに、スルタンアフメットの男はしつこかったです(笑)。でも、友達に「フィアンセがホテルで待ってるから」と言うといい、と教わったので、そう言ったら結構引き下がりました。(まあ、それでもしつこいのもいたけど)

かおるのコメント: トルコに行った当時は知らなかったのですが、イスラムの男性は、 「ひとの女」には手を出さないのだそうな。だから、結婚指輪のフェイクを左手の薬指にはめていくというのも有効かも。 よかったら実験してみてください。


次頁へ

このコーナーのトップへ
HOME